2010年02月07日

国際線は1社体制で=JAL再建で−峰崎財務副大臣(時事通信)

 峰崎直樹財務副大臣は1日、民放の番組で日本航空(JAL)の再建問題に関連し、「出口戦略を明確にしないと赤字を垂れ流し続ける危険性が残っている」と指摘した。その上で、「国際線は1社体制でいいと思っている。自分の得意とする分野をしっかり固めてからアジアに進出するなどのビジネスモデルを作った方がいい」と注文を付けた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
衆院代表質問の詳報
「小沢独裁」を否定=社会保障円卓会議は消極姿勢

「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案−文化庁検討会(時事通信)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金−東北工事で小沢事務所(時事通信)
<銭湯不正配管>下水料逃れ 浜松市5億7000万円を請求(毎日新聞)
<所得隠し>マルチ商法3社が90億円 仮想空間での投資話(毎日新聞)
横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及(産経新聞)
posted by カジカワ トシハル at 03:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。