2010年02月19日

元選対幹部有罪判決で民主・小林氏、辞職を否定(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は12日夜、札幌市内で記者会見し、自身の元選対幹部が公職選挙法違反の罪で有罪判決を受けたことについて、「大変厳しい司法判断が下った。大変遺憾に思っている」と述べた。

 一方、小林氏は、「金銭の支払い関係があったとは認識していなかった」と、自らの関与を否定したうえで、「現時点では(議員)辞職、離党は考えていない」と述べた。

 元選対幹部の禁固刑以上が確定すれば、札幌高検は小林氏本人への連座制適用を求める行政訴訟を札幌高裁に提起する方針。

東大、京都、慶應に同志社 ツイッター「なりすまし」横行(J-CASTニュース)
【党首討論】小沢氏らの証人喚問を要求、自民・谷垣氏(産経新聞)
<亀井静香氏>「夫婦別姓」にも反対表明(毎日新聞)
共同採用へ協定締結=小学校教員−秋田県・東京都両教委(時事通信)
阪神高速で消防車横転 火事通報受け急行中(産経新聞)
posted by カジカワ トシハル at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。